職員の教育プログラム

教育体制(キャリアサポート)

各種学校のサポート充実

  • 看護学校、介護福祉士の資格取得のための奨学金制度があります。
  • 看護実習期間当院で勤務が難しい為、実習レポート提出によりその学生の日給額の60%を支給。
  • 全日制の学校以外であれば、学校以外の日に勤務する事を当法人からはしません。当然、学校から帰宅後勤務も可能です。
  • 夜勤の回数も当法人から強要しません。

研修体制

年に1度評価を行い、スタッフそれぞれにステージを位置づけさせて頂き、その個々人のスキルに応じた研修計画に従い研修を受講して頂きます。

病院で実施しなければならない研修については、勤務時間内で実施します。

自宅でも勉強頂く事を可能とする為、e-ラーニングによる受講を可能としています。

外部研修についても、法人内教育委員会に申し出する事で、受諾され研修参加が可能です。また、その研修内容が法人にメリットがある研修であれば、研修費用等の補助があります。

新人教育ついて

チューターシップ(エルダー制)

各新人職員に決まった相談相手(チューター)を配置し、仕事の仕方、学習方法、悩み等の精神面・生活等広範囲にわたり相談や支援を行います。

精神的なサポートはチューターが行なうと共に、各病棟には実地指導者と教育担当者が配置され、知識・技術の指導・評価だけではなく、新人教育がどのように実施されているか、病棟間の連携や集合教育との連携を考えた教育体制を取っています。

新人向け研修

新人スタッフ向けに次の研修を行っています。

  • 基本的人権の尊重(個人情報保護)
  • サービス向上(接遇)
  • 医療安全管理
  • 院内感染防止対策
  • 防災対策
  • まとめ(グループワーク)